EastCourt blog

飯能イーストコート店長ブログ

イーストコートワンコインライブvol.668

f:id:eastcourt:20191213223136j:plain
「飯島ひとし」

トップバッターは弾き語り「飯島ひとし」
キレのあるストロークギターに乗せてパワフルに歌い上げる!様々な曲調のオリジナル曲を聴かせてくれるステージ。

f:id:eastcourt:20191213223121j:plain
「チャーモ」

弾き語り「チャーモ」が登場
ハイレベルなギターテクニックで魅せるギターに乗せて感情豊かに歌いあげる!
巧みにアレンジされたオリジナル曲は、どれもが絶品。
そして、サプライズでバースデーソングもプレゼントしてもらいました!(自分、誕生日でした)

f:id:eastcourt:20191213223127j:plain
「關 伊佐央」

弾き語り「關 伊佐央」が登場
今宵は映画ミュージックのカバーを中心に聴かせてくれたステージ。
その圧巻な歌唱力と、絶妙なサウンドで空気を染めてしまうライブは本当に凄い!

f:id:eastcourt:20191213223132j:plain
「横田惟一郎」

最後は「横田惟一郎」が登場
表現豊かなリズムギターに乗せて、その独自なメロディと歌詞の世界を放つ。
そして、なんと今回はあの名曲を、スペシャルカバーしてくれました!

イーストコートワンコインライブvol.667

f:id:eastcourt:20191207210451j:plain
「ボッチ河野」

トップバッターは弾き語り「ボッチ河野」
いつもの河野さんスタイルにてハイレベルな演奏を披露!
そのハイトーンボーカルにてカバー曲を聴かせてくれました。

f:id:eastcourt:20191207210447j:plain
「take "c" rose's」

ユニット「take "c" rose's」が登場
ボーカル&エレキギターというスタイルでロックに魅せる。
フルオリジナル曲をノリノリのパフォーマンスで聴かせてくれました!

f:id:eastcourt:20191207210503j:plain
「こぐれひろし with タッキー」

バンドスタイルにて「こぐれひろし」が登場
今回はリードギターにタッキー、パーカッションに河野さんを加えての3人編成のステージ!
エピソード満載のオリジナルを披露。最後はカバー曲で締めます。その面白い掛け合いも魅了的。

f:id:eastcourt:20191207210458j:plain
「ひのこバンド」

最後はバンド「ひのこバンド」が登場
今回は4人編成のエレキセットで奏でるロックンロールステージ!
アドリブ満載、まさにジャム的ライブで楽しませてくれました。

イーストコートワンコインライブvol.666

f:id:eastcourt:20191206215508j:plain

「はれ」
トップバッターは弾き語り「はれ」
オールドギターのドライな音色に乗せて歌い上げる。
カントリーブルースを中心に渋い歌声で聴かせてくれました。

f:id:eastcourt:20191206215517j:plain

「smile」
ユニット「smile」が登場
smileの初ライブから1周年となる記念すべき今夜のライブ。
互いに楽器を持ち替えたり、オカリナを使用したりとバラエティ豊かなステージを見せてくれました!

f:id:eastcourt:20191206215522j:plain

「まちゅごん」
エレキギターパフォーマー「まちゅごん」が登場
ドラクエのあのテーマ曲から始まり、ジャンルを超えた選曲で魅せる!
トレードマークの「飛び蹴り」もきまり、かっこいいステージで魅了してくれました。

f:id:eastcourt:20191206215512j:plain

「MITSU」
最後は弾き語り「MITSU」が登場
この悪魔の数字、ワンコインライブ666回目のトリを務めてくれます!
オリジナルを中心に今宵はカバー曲も披露してくれたスペシャルなステージ。

叛戒独り芝居 ロング・グッドバイ

毎年恒例、一人芝居が今年も開催!

f:id:eastcourt:20191201173229j:image
前半に謎の貴婦人による「飯能弁」講座。今回は思考を変えた楽しい演出で、会場を笑の渦に巻き込む!
そのノリノリで過剰に繰り出す飯能弁に、飯能原人の魂を感じさせる。


後半は、叛戒一人芝居。
タイトル「ロング・グッドバイ」が始まる
飯能を舞台に繰り広げる、探偵の物語。時折り差し込むギャグがアクセントとなる演出に、クスッとくる。
現代特有の、ある意味虚しい自己世界を楽しくもメッセージのある芝居で考えさせてくれる。


今年も素晴らしく、ほっこりとした時間を堪能させて頂きました。


また来年、11月末に開演決定となりましたのでどうぞよろしくお願いします。

イーストコートワンコインライブvol.665

f:id:eastcourt:20191130205322j:plain
「どいやん」

トップバッターは弾き語り「どいやん」
心地よく鳴るアコースティックギターの音色に乗せて歌う。
とても優しく等身大なオリジナル曲達を、またそのとても優しい歌声で歌い上げる。

f:id:eastcourt:20191130205316j:plain
「高雄文」

弾き語り「高雄文」が登場
相変わらず、クリーントーンながらもの凄いロックンロールなサウンドに鳴るギター!
そんな音色に乗せてハスキーボイスで歌い上げるオリジナル曲が今宵も素敵過ぎる。

f:id:eastcourt:20191130205305j:plain
「にゃ〜一味」

初登場、バンド「にゃ〜一味」
3人編成にてカバー曲とオリジナル曲を披露してくれました!
特にオリジナル曲がドンドンと作れてしまうという事が凄い。カッコいい演奏でロックを感じさせてくれました。

f:id:eastcourt:20191130205309j:plain
「青ワイン」

最後はユニット「青ワイン」が登場
ガットギター&ピアノという絶品な伴奏に乗せて歌い上げるオリジナル曲!
会場を引き込むMCも相変わらず凄く、楽しい楽曲の世界へ誘うステージは流石の一言。

イーストコートワンコインライブvol.664

f:id:eastcourt:20191129212250j:plain
「side-B」

トップバッターはユニット「side-B」
今回は朗読から、劇の様にライブがスタートするという演出。
向かい合って歌うというスタイルで、素敵なハーモニーで魅了してくれました。

f:id:eastcourt:20191129212219j:plain
「仲真弘」

久々登場、弾き語り「仲真弘」
いつもは立ちスタイルだが、今回は座りスタイルでのステージ。
とても世界観のあるオリジナル曲を迫力満点のステージングで聴かせる!

f:id:eastcourt:20191129212245j:plain
「タッキー」

弾き語り「タッキー」が登場
今宵もブルースを中心にカッコよく聴かせてくれます。
絶妙で心地良いリズムと、泣きのスローバンドギターに魅せられる!

f:id:eastcourt:20191129212212j:plain
「日高の鳥さん」

最後は久々「日高の鳥さん」が登場
なんと今日が誕生日という事で、記念のライブステージ!
プレゼントで貰ったマイマイクを使っての素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

迷宮の日曜日vol.6

f:id:eastcourt:20191124194917j:plain
「Vacant rouge」

トップバッターは「Vacant rouge」
迷宮の日曜日のスタートを飾るロックなパフォーマンス!
緊張していたの事ですが、それを全然感じさせない素敵なステージを見せてくれました。

f:id:eastcourt:20191124194951j:plain
「Asymmetry」

3ピースバンド「Asymmetry」が登場
なんと!今回ドラマーとしてアニキ事、植竹正彦が参加。
初めてとは思えない、素晴らしい一体感のあるステージを魅せてくれました!

f:id:eastcourt:20191124194921j:plain
「トカゲ男爵」

ユニット「トカゲ男爵」が登場
今回、ギターボーカル&リードギターというスタイルで聴かせてくれました。
バンドアレンジされた曲を、弾き歌うというチャレンジなステージを見せてくれました!

f:id:eastcourt:20191124194947j:plain
「ナオミーズ」

バンド「ナオミーズ」が登場
今回は5人編成で挑むライブステージ!オリジナル、そしてカバー曲も披露。
素敵にアレンジされ、高い演奏力で魅せるステージを楽しませてくれました!

f:id:eastcourt:20191124194942j:plain
BLONDIE HARDLOCK」

3人編成スペシャルバンド「BLONDIE HARDLOCK」
金髪の人しか加入できないという、まさにロックなバンド!
各オリジナル曲、カバー曲とバラエティー豊かなステージで魅了してくれました。

f:id:eastcourt:20191124194938j:plain
「keroyonzo」

最後はユニット「keroyonzo」が登場
キレのあるギターサウンドに乗せて感情豊かに歌い上げる。
ソウルフルでパワフルなボーカルが今回も素敵なステージ!

f:id:eastcourt:20191124194929j:plain